editor

1/4ページ

天草エアラインの機内誌9月号、イルカラボの連載記事が更新されました。

熊本県天草市には、イルカの飛行機で有名な天草空港、みぞか号が就航しています。 小型飛行機ですが、ローカルの良さがつまった自慢の飛行機です。 その機内誌に天草イルカラボからニュースレターの寄稿をしております。 月に1回の連載となっております。 天草にいる野生のイルカのこと、そしてイルカが住める環境のことなど、その価値が多くの人に伝われば嬉しいです。

野生イルカが背びれにケガを負っているのを発見。原因を考えてみる

ちょっぴり悲しい出来事。。 今日、とあるイルカにケガがあるのを発見しました。うまく写真は撮れませんでしたが、辛うじて一枚 真ん中のイルカ背びれが 1/3ほどちぎれています。(三角に尖っている部分がなくて、白っぽくなっています 最初に気がついたとき、船の真下にいたときでした。え!?あれ?という感じでした。皮膚の表面の傷ではなく、完全に先端が欠けていて、痛々しい赤みと、脂肪層と思われる白っぽい部分が露 […]

天草エアラインの機内誌8月号、イルカラボの連載記事が更新されました。

イルカの飛行機で有名な天草エアラインhttps://www.amx.co.jp/熊本や福岡から天草までの飛行機です。その機内に地元情報満載の機内誌があります。天草イルカラボは先月、2021年7月号からコラボ企画としてニュースレターを投稿することとなりました。 A4サイズの1ページ、フルカラー!天草イルカラボのニュースレター「ここにいるから」 月一回の更新が目標、8月号Vol.2の掲載がはじまりまし […]

イルカウォッチングで会えるイルカたち、ニックネームがつきました。

天草イルカラボでは、2019年(令和元年)からイルカの個体識別を行っています。 詳しくはこちら /https://dolphin-lab.com/identification/ 4頭+αの個体識別とネーミングをしていましたが、今回、新たに2頭の名前をつけました。名前を考えてくれたのは、くまもとアイランドキャンパス、イルカの学校プログラムの中級コースに参加してくれたご家族です。 中級コースの様子はこ […]

真夏のビーチクリーン in 通詞島 用意していたブルーサンタのコスプレが足りなかった!

久しぶりに通詞島でビーチクリーン活動を開催しました。いつもの通り、告知はHPとFBとInstagramです。今回は7/5に開始して、7/24が開催日。インスタから問い合わせを頂いたり、FBからの参加表明があったりとSNSからこの活動を知りかけつけてくれる方々がいて、とってもありがたいです。 ブルーサンタについてはこちら ↓ https://blueshipjapan.com/bluesanta/ […]

イルカラボ勉強会 #20 ミナミハンドウイルカシンポジウム参加報告#2

本日10月3日は第20回目の勉強会、初めての方も交えて盛り上がりました! 前回に引き続き、三重大学で行われた「ミナミハンドウイルカの生態」というシンポジウムの報告。 学会未発表の内容も多く含まれていたことと、6年分の総括ということで、多面的に日本のミナミハンドウイルカについて知る素晴らしい機会でした。 天草の海はテッポウエビが煩い! 以前、論文の読み合わせをした三重大学の森阪先生は音響研究をされて […]

イルカラボ勉強会 #19 三重大学ミナミハンドウイルカシンポジウム参加報告

思いきって参加して良かった!全国のことも、天草のイルカたちについても、たくさんのことを学んできました。課題も願いもてんこ盛り(* ̄∇ ̄)ラボの目指すところが、こういった場でのビジョンとも通じるところがあり、全く遜色ないと確信しました。 目指すと言うのは簡単、実際の動きを作り出すの本当に大変だと思うけど、頑張りたいって思いました。 イルカやクジラのくくりではなく、あえての「ミナミハンドウイルカ」しば […]

イルカラボ勉強会 #18天草のイルカについて研究論文を読み解く#2

# 17に引き続き 次の連休にてシンポジウムに参加するので、とくにその登壇者の文献を中心にすすめました。 天草での、イルカ個体識別には、どのデータも”推定値” しかありません。 その理由は、判定基準にしている背びれに、ほとんど見分けがつかないイルカもたくさんいるからです。 また、雄やメスの判別についての文献はまだ探せていません。 そもそも見た目では、ほとんどわかりません。 […]

イルカラボ勉強会#17 天草のイルカに関する論文を読もう

今回は日本語で公開されている、日本で有名なイルカクジラ研究論文です。 ・森坂先生の論文 背景雑音 背景雑音を考慮してイルカ同士のコミュニケーションは雑音の少ない周波数帯を使っている。天草は甲殻類などの雑音が多い、その結果か低周波の音が多い傾向。 天草のイルカの声は外でよく聞こえる 坂井麻衣さん イルカのコミュニケーションを調べていて、ヒレに利き手があるか?目で確認してビデオを撮って。御蔵のイルカは […]

1 4