2024年5月

2024.5.17 長崎県 佐世保へ 海きららさんの「海プラプロジェクト」の研修に参加してきました ②

パート①からの続きです 回収ー分別ー洗浄・乾燥ー仕分けまで終わり、次は裁断工程です。 おおむね、15cm四方のサイズに裁断していきます。 本格的な裁断機のようなものあると、この工程はもっと作業効率があがるそうです。しかし、機械の購入やメンテナンスなどを考えるとコスパはなかなか厳しいので、現段階では、このような作業工程で実施しているとのこと。 これは、海のにょろにょろ系の生き物をつかまえる仕掛けだそ […]

2024.5.17 長崎県 佐世保へ 海きららさんの「海プラプロジェクト」の研修に参加してきました ①

昨年、日本セトロジー研究会 というイルカやクジラに関連する集まりが、長崎県佐世保で開催されました。そのときの様子 https://dolphin-lab.com/2023/06/11/post-3714/ブログのなかにも書きましたが、いろいろな発表があるなかで、私が一番印象に残ったのが、海きらら社長である川久保さんの発表でした。このときの交流会で川久保さんにアタック(!?)し、ぜひ現場をみさせてい […]

天草エアライン機内誌 5月号、「ここにいるから」連載記事が掲載されました

熊本県天草市には、イルカの飛行機で有名な天草空港があり、みぞか号というニックネームのついた飛行機が就航しています。小型飛行機ですが、ローカルの良さがつまった自慢の飛行機です。 その機内誌に、月に1回、ニュースレターの寄稿をしております。天草にいる野生のイルカのこと、そしてイルカが住める環境のことなど、その価値が多くの人に伝われば嬉しいです。 今回は、天草に住んでいるミナミハンドウイルカの特徴のなか […]