勉強会

イルカラボ勉強会 #20 ミナミハンドウイルカシンポジウム参加報告#2

本日10月3日は第20回目の勉強会、初めての方も交えて盛り上がりました! 前回に引き続き、三重大学で行われた「ミナミハンドウイルカの生態」というシンポジウムの報告。 学会未発表の内容も多く含まれていたことと、6年分の総括ということで、多面的に日本のミナミハンドウイルカについて知る素晴らしい機会でした。 天草の海はテッポウエビが煩い! 以前、論文の読み合わせをした三重大学の森阪先生は音響研究をされて […]

イルカラボ#10 ビーチクリーン@通詞島

2018年7月18日、記念すべき10回目のイルカラボは、通詞島でビーチクリーンを実施しました。 天草イルカラボでは、「海の環境」が一大テーマです。 今回は、実体験として、海の汚染を知り、具体的なアクションを考える場としてビーチクリーンとなった次第です。   大雨の影響で、浜辺には沢山のゴミが打ち上げられています。 有明海には熊本県、福岡県、佐賀県、長崎県が接しており、 白川、緑川、菊池川 […]

イルカラボ#1エコロケーションについて

2018年2月19日に開催したイルカラボ勉強会第一回目のテーマは、イルカの特徴として有名なエコロケーションでした。 エコロケーションは”反響定位”と訳され、発した音波の反響をを受け止めて対象の大きさや距離を感知する機能です。 イルカの身体構造 イルカがエコロケーションを使う仕組みを理解することに合わせて、イルカの身体構造についても勉強しました。 鯨類は歯クジラとひげクジラの二種に分類されます。 歯 […]

イルカラボ#6報告 ストランディングって知ってます?

  • 2018.06.25

今回(6月20日)は、イルカのストランディングについてでした。 そもそもストランディングとは? いわゆる、「座礁」のことです。 通常のイルカの一生では、死を迎える時も海に沈むので、基本的に海に座礁することはない。座礁する場合は、病的な理由、台風に巻き込まれた、ケガでコントロール効かないなどの場合のほか、原因不明な大量座礁がある。 特に、漁網にかかったことがきっかけの座礁などの人為的な影響も多い。 […]

イルカラボ#5報告 イルカを通じて学べる世界

今回(6月13日)は、イルカラボで今後取り組みたいテーマについてディスカッションしました! 天草に生息するイルカについての研究 個体識別、エコーロケーション等 個体識別 エコーロケーション 長崎大学では時々天草海域のイルカの個体識別についての研究をしてますが、天草では個体識別の資料は持っていない。最近ニュースで話題になっている、京都に現れたイルカについて、天草のイルカだろうと推測されているのは、大 […]

イルカラボ#4報告「日本クジライルカウォッチング協議会シンポジウム参加報告!!」

イルカラボ勉強会第4弾、お集まりいただきありがとうございました! 天草プラザホテル1F、オーキッドカフェで開催させていただきました。いつも会場提供いただきありがとうございます! 全国に熱い仲間がいる! 5月19日、東京海洋大学で開催された日本クジライルカウォッチング協議会のシンポジウムに高崎さんが参加してきたということで、その報告会になりました。 シンポジウムには、それこそ、全国からイルカ関連の方 […]