2021.7.1 ☆3周年と天草エアライン☆

2021.7.1 ☆3周年と天草エアライン☆

イルカラボ3周年記念日

とはいえ、しばらくお休みしていたので、特別なことは計画していません(笑)
また、ここから初心にかえって少しずつできることをしていきます。
天草イルカラボは、「人にもイルカにも優しい海の実現」を目的に活動を始めました。
まずは、天草のイルカの魅力を知ってもらい楽しんでもらうこと。
そして、その次に、この貴重な生態系の価値をイルカたちから学ぶ。
それらを通して、結果的に、天草にイルカが住み続けられる環境についてアクションがおきていくようになったらいいな、と思っています。

イルカが住み続けられる海は、すなわち、私たち人間にとっても恵みの海であるということ。

イルカたちをパートナーとしてとらえ、お互いに学び共有しあう関係がさらに深まっていけば、もっと素晴らしい天草の海になっていくでしょう。

今後の活動やイベントにもぜひ、ご参加ください。
一人でも多くの人と、イルカたちとの未来をわかちあっていきたいです。

天草エアラインとコラボ企画始まりました!

ついに、天草にあるイルカの飛行機会社、天草エアラインとコラボ企画が実現しました。
FB↓

以前よりアイデアがあり詰めていたんですが、いろいろな方々のご協力のもと、このタイミングとなりました。
天草はイルカの聖地、それを一人でも多くの方々に伝えたい!という願い(ラボ)と、
天草エアラインの乗客の方々に、イルカの魅力を紹介しようという地域に特化した企画が
こんな素晴らしいご縁となりました。

天草空港は、本渡市内から車で20分、イルカのいる二江エリアまで15分ほど
機長と空港スタッフと共に記念写真
また少しだけ前進するチャンスを頂いたことに感謝します。
天草のイルカたちが住む海の上空を飛ぶ、天草のイルカの飛行機(みぞか号)の機内で、
ちょっぴりイルカを知るひととき。ドキドキしちゃいます☺

エアラインの機内誌のなかに挟ませてもらいます。
創刊号はラボの紹介メインとなりましたが、
8月からはイルカのお話を載せていきますよ!

次号はイルカの赤ちゃんの記事です。

天草空港で展示もしてくださるとのことなので、
ぜひ、天草の住民の方もふらっと寄ってみてくださいね。
SDGs17項目
天草イルカラボでは、SDGsの普及、推進活動をしています。
くまもとアイランドキャンパス事業の売上げの一部はイルカラボ活動の支援に使われます。
https://www.island-campus.com/