天草エアラインの機内誌7月号、イルカラボの連載記事が掲載、そして記念の1周年です!

天草エアラインの機内誌7月号、イルカラボの連載記事が掲載、そして記念の1周年です!

熊本県天草市には、イルカの飛行機で有名な天草空港があり、みぞか号というニックネームのついた飛行機が就航しています。小型飛行機ですが、ローカルの良さがつまった自慢の飛行機です。

その機内誌に、月に1回、天草イルカラボからニュースレターの寄稿をしております。天草にいる野生のイルカのこと、そしてイルカが住める環境のことなど、その価値が多くの人に伝われば嬉しいです。

今回の7月号は、記念すべき発行1周年となりました!月いちペースは、たまにちょっと締め切りがしんどい~と思うこともありますが、なんとか継続することができています。
毎号、毎号、本当に心をこめて作成しています。
ぜひ今後も、天草に訪れる方々にとってイルカ情報に触れる機会となり、またちょっとした息抜きの時間となればと願っています。